加瀬倉庫なら土地活用にも最適なプランが用意されています!経験豊富で任せて安心

Pocket

収納主婦
加瀬倉庫はレンタルボックスだけではなく、土地を持っているオーナーさんに対して、サービス自体を提供しているんですね。
トランク博士
そうじゃな土地活用に困ったら、加瀬倉庫に相談すると良いかもしれんな。
収納主婦
レンタルボックスの需要が増えていますから、アパート経営よりもいいですね。
トランク博士
レンタルボックスはリスクも少ない土地活用が出来るからな。とくに加瀬倉庫は30年以上の実績が有るから安心じゃよ。

レンタルボックス市場の伸び

レンタルボックスやトランクルームの需要は年々伸びています。

矢野経済研究所が調査を行いましたが、2011年でトランクルームの拠点数は約7,000カ所で32万室ものユニット数になるという調査結果が出ていますが、この数字は極めて多い数だと言えます。

部屋数が32万室ということは、少なくても32万人が活用していることだと言えるでしょう。

しかも、これはトランクルームだけですから、コンテナ型の収納も含めると更に多くなります。

更に2012年の推移では、市場規模はおよそ474億円、2013年では4%も上がると期待していました。4%と言えば20億円にもなりますので、非常に大きな伸び率が有ります。

特に40歳~50歳の年齢層の利用率が多く、比較的安定した生活を送る年齢層で有る為、安心した経営が出来るのも魅力的です。

40歳~50歳と言えば、子供も有る程度大きくなり事や趣味なども増えて物の置き場所が少なくなる年代ですからね。

また、立地によっても利用する層が変わってきます。

都内などの都市部よりも郊外のレンタルスペースの利用者は法人が多く、都市部では個人の契約が多いというデータも有ります。

都市部では、住宅が狭く家賃が高い傾向にありますので、ものがあふれやすいのではないかと考えます。

ですので、都市部にレンタルボックスを設置する場合は比較的小さめのスペースを多くし、郊外では大きめのスペースを増やすと良いでしょう。

アパート経営よりもレンタルボックスの費用が安い

レンタルボックス経営の魅力はその費用にもあります。

アパートを経営するとなれば、建物を建てる以外に人が住むための、水道、電気、ガスなどの工事をしなければいけません。その分余計な費用が掛かってしまいます。

しかしレンタルボックスは、それらのインフラ工事が必要なのは電気だけですので、建物の費用を抑えておけば設置できます。

また、居住スペースではありませんので、少しばかりの傷や汚れはそのままでも利用する事ができるので修繕費も大きくかかる事が有りません。

加瀬倉庫の土地活用方法

では加瀬倉庫が土地活用に優れているのはなぜかご紹介しましょう。

30年以上の実績

加瀬倉庫はレンタルボックス事業を30年以上も続けてきています。

その為、豊富な知識や経験が有る為、様々な提案をする事ができます。

空いているスペースにとりあえずトランクルームを置いておけばお客さんが集まるわけではありません。

どんな土地にどんな利用者がいて、それに対して、どのようなタイプのレンタルボックスが必要なのニーズを探る事が大事です。

ニーズを肌で感じるには、やはり経験が必要になるのです。

活用事例が豊富

レンタルボックスは様々な活用の仕方があります。

土地が空いていれば、コンテナタイプを持ち込んでも良いですし、駐車場としてすでに利用している場所にも、レンタルボックスを置くことも出来ます。

また、レンタルボックスだけではなく、バイクパーキングなど複数のコンテナタイプもありますので、その土地の大きさに合わせたコンテナを選ぶ事ができますね。

加瀬倉庫で土地活用の前にまずは一度利用してみましょう

ここまで、加瀬倉庫の土地活用について簡単説明してきましたが、やはり一番理解出来るのが、一度実際に利用してみる事でしょう。

そうすれば、「契約や解約が簡単だった」とか、「こんな売り出し方をすればお客さんが来そうだ」など、様々なトランクルームの良い面と悪い面などが見えてきて、改善点も同時に探す事ができるからです。

使わない事には良しあしもわかりませんので、1ヶ月程度の短い契約でも出来ますので、まずは利用してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。