ハローストレージは東京都だけで496件!圧倒的な物件数以外に特徴とは

Pocket

収納主婦
東京都のハローストレージの特徴やお得な情報を教えて下さい。
トランク博士
東京都だけで496件もの物件があるハローストレージじゃが、他にも様々な特徴やお得情報を紹介しよう。
収納主婦
お得な情報は誰でも利用可能ですか?
トランク博士
そうじゃな誰でも利用可能なお得情報じゃ。だがデメリットもあるぞ。ここでは東京都のハローストレージの良い面も悪い面も紹介しているから参考にするのじゃな。

東京都のハローストレージの特徴

東京都のハローストレージはその物件数が496件。

都心でも都外でもどこに行ってもハローストレージが見つかります。

首都圏だけに収納場所が狭い住宅事情からトランクルームのニーズは高く、ハローストレージも同様です。

東京都のハローストレージは、屋内型も屋外型の両方の物件から選ぶ事が出来るので、傷みやすい荷物や丁寧に保管しなければいけないものは屋内型の物件へ、ある程度傷や熱や湿気に強い荷物は屋外型と用途に合わせた物件選びが出来るのが助かりますね。

また、利用は24時間365日できるので、プライベートでゴルフバック置き場にして、朝早く取り出し、夜遅くに預けに来ることも出来ますし、仕事道具置き場にして、急な仕事が入っても対応できるので、ビジネスチャンスを逃しません。

屋内タイプでは空調がついている物件もあり、大事な荷物が傷んだり劣化してしまったりする心配は有りません。

また警備のプロであるALSOKとも提携しており防犯カメラやセキュリティーカードの導入などセキュリティー対策も万全ですので、抜群の保管環境と安全を併せ持った物件です。

東京都のハローストレージのデメリット

東京都のハローストレージには良い面もあれば、デメリットも少なからずありますので必ずチェックしておいてください。

屋外型は湿気やカビに注意

屋外型の店舗はどうしても結露から湿気やカビが生えてしまう可能性があります。

湿気やカビ対策は必要になりますので、コチラの記事「ハローストレージは空調有りと無しの物件がある。屋外型は湿気やカビ対策は必要。」を参考にカビや湿気対策をしましょう。

初期費用がかかる

ハローストレージで初期費用が月額利用料のおおよそ3.5ヶ月分かかります。

詳しくはコチラの記事「ハローストレージの保証金は高い?初期費用はいくら必要なのか」でかいていますので確認しておいてください。

また、保証金はかかる場合とかからない場合がありますので、注意が必要です。

保証金は月額利用料の1ヶ月分ですから、物件によっては1万円以上も損してしまいますね。

違約金がかかる場合がある

キャンペーン途中での解約や、利用後の物件の状態によっては違約金や原状回復費などの罰金がかかる場合があります。

コチラの記事「ハローストレージには違約金や解約金など罰金制度がある?追加費用がかかるかもしれない」でかいていますので、事前にチェックしておきましょう。

東京都のハローストレージをお得に借りるには

東京都のハローストレージをお得に借りる方法があります。

一つ目はもちろんキャンペーンを利用する事です。

キャンペーンについてはコチラ⇒ハローストレージはキャンペーンで大幅割引!6ヶ月半額になる物件も有り

キャンペーンは店舗によって様々です。

半年間月額利用料が半額になる物件もあれば、初期費用も無料になる物件もあります。

もちろん中にはキャンペーンを行っていない物件もあるのですが、キャンペーンではなく月額利用料を大幅に値下げしている店舗もあります。

キャンペーンをしていないからと言って諦めるのではなく、必ずチェックしておきましょう。

初期費用はクレジットカード決済にする

ハローストレージは初期費用がかかるのは上記で説明済みですが、初期費用をクレジットカード決済にする事で、保証金が無料になります。

保障金は月額利用料の1ヶ月分ですので、必ずクレジットカード決済にしておきましょう。

WEBから契約申し込みをする

契約の申込みは電話とWEBから申請が出来るのですが、WEBから申請する事で1,000円の割引が誰でも受けられます。

申請方法が違うだけで1,000円損してしまいますので、必ずWEBから申請するようにしましょう。

次のページ⇒ハローストレージの契約方法を紹介!最短の契約期間は何か月?お得な割引情報も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする