ハローストレージの契約方法を紹介!最短の契約期間は何か月?お得な割引情報も

Pocket

収納主婦
ハローストレージ契約申込をしようと思うのですが、契約方法を教えて下さい。
トランク博士
契約申込の前に見学はすんでおるか?まだならコチラの記事を参考に見学をすますとよいぞ
収納主婦
見学は完了しています。借りたい物件も決まっていますので契約したいです。
トランク博士
それならハローストレージの契約手順や契約に必要なものなどを紹介しよう。契約方法によっては1,000円損することも有るから気を付けるのじゃぞ。

ハローストレージの契約手順

ハローストレージの契約の申し込み手順ですが、その前に見学はされましたか?

まだであれば、見学は9:00~18:00ならいつでも内覧出来る店舗ばかりですので、まずは気になる店舗で見学をしましょう。

それも面倒だというのであれば、WEB見学も出来ます。

WEB見学は実際の店舗をWEB上で見る事ができます。

コンテナの中だけでなく、敷地の中を動き回る事ができますので、どのようなつくりになっているのか確認しておきましょう。

見学が終了すれば、実査に契約の申し込みに進みます。

契約の申し込みは必ず電話ではなく、WEBから申し込みをしてください。

なぜなら、WEBから申し込みをするだけで1,000円の割引が受けられるからです。

せっかく割引があるのに利用しない訳には行きませんので、契約申し込みはWEBから行いましょう。

契約申し込みが完了すると、後日ハローストレージより、契約関係書類と契約金の払込用紙が届きます。

契約関係書類は必要事項を記入し返送します。

契約金は期日までに支払いを済ませましょう。

後は、ハローストレージよりカギが送られてきますので、契約日より利用を始めて下さい。

ハローストレージの契約時に必要なお金

ハローストレージでは契約時に初期費用として、月額料金以外に必要な料金が有ります。

使用料

当月分の使用料(日割)

翌月分までの使用料

管理費

当月から翌月分まで

(2,160円x2ヶ月分=4,320円)

事務手数料

使用料の1ヶ月分

鍵代

屋外型トランクルーム:4,320円

屋内型トランクルーム:2,940円

※物件によっては発生しません。詳細はお問合せの際にご確認ください。

セキュリティ登録料

屋内型トランクルーム:1,080円

安心保証パック

540円

これ以外にも保証金がかかる場合とかからない場合があります。

クレジットカード支払いの場合⇒保証金不要

コンビニ決済・振込の場合⇒保障金必要

保証金は月額利用料の1か月分になりますので、クレジットカードをお持ちならクレジットカードで支払いましょう。

保証金についてはコチラ⇒ハローストレージの保証金は高い?初期費用はいくら必要なのか

ハローストレージの契約時に必要なもの

契約の際に必要なものを紹介します。

個人の場合

1.契約者本人を確認できる書類

  • 契約の住所・氏名と内容が一致する本人確認書類のコピー

(健康保険証・パスポート・住民票等)

  • 外国人登録証(外国籍の方)

2.印鑑

3.勤務先

4.第二連絡先(緊急連絡先)

5.金融機関お届け印

法人の場合

1.商業登記簿謄本(発行後3ヶ月以内)

2.会社実印

3.金融機関お届け印

ハローストレージの契約期間

トランクルームと言えば複数月のまとまった契約のイメージがあるのですが、ハローストレージも基本的な契約期間は1年としています。

しかし、店舗によっては最短2ヶ月の物件も有ります。

例えば、コチラの店舗ではキャンペーンの利用と合わせて2ヶ月でも借りる事が出来ます

ですので、あなたの利用したい店舗が最短で何か月から借りれるのか、またどんなキャンペーンを行っているのかは事前に確認しておきたい点です。

いずれにしましても、契約申し込みは簡単で数分あれば完了しますので、空きが埋まってしまわない様に早めに予約しておきましょう。

こちらの記事もどうぞ⇒トランクルームハローストレージの特徴とは?契約前に確認しておきたい事