トランクルームのバイク専用コンテナ広さはどれぐらい?コンテナタイプと何が違う?

Pocket

収納主婦
夫がバイクを乗り出したんですけど、家のガレージが狭くなったのと、盗難やイタズラが怖いみたいでバイク専用コンテナが気になっています。どれぐらいの広さ特徴があるんですか?
トランク博士
盗難やイタズラを防ぐために、バイク専用コンテナトランクを利用するのは良い事じゃな。通常のコンテナトランクとは違って広さや特徴があるから紹介しよう。
収納主婦
バイク専用コンテナを利用する際に注意する事はありますか?
トランク博士
そうじゃな、バイク特有の注意点もあるから合わせて紹介するぞ。

トランクルームバイク専用コンテナの広さ

バイク専用コンテナの広さは運営会社によって違います。

今回がスペースプラスのバイク専用コンテナを見てみましょう。

内寸

幅 1230mm

奥行き2365mm

高さ 1910mm]

となっています。

実際にバイクを止めてみた感じはこんな風になります。

横幅はバイクを止めても、人ひとりが入れるぐらいのサイズは有るので、

ストレスなく出し入れがしやすいですね。

トランクルームとバイク専用コンテナの違い

通常のコンテナタイプのトランクルームでも、バイクを止める事が出来る物件は有ります。

そうなると、バイク専用タイプと通常のコンテナトランクとの違いが気になる所ですが、やはりバイク専用コンテナはバイクを使いやすい様に設計されているのが特徴です。

例えば、先ほどのスペースプラスのバイク専用物件を見てみましょう。

扉がシャッタータイプ

開き戸ではバイクをぶつけてしまったり、扉を抑えながらバイクを出し入れしなければいけませんが、シャッタタイプを採用する事で、手が自由に使え、出し入れしやすいです。

ディンプルキー採用

ディンプルキーを利用する事で、ピッキング対策になり高い防犯性を発揮します。

棚板

部品やヘルメットを置ける棚板がついています。

アイボルト

重量物を吊り上げる際に利用するアイボルトを床に固定する事で、チェーンロックが使える様になります。

コンテナ自体の扉のロックとバイクにチェーンロックをする事で高い盗難から防ぎます。

バイク専用トランクには、

通常のコンテナトランクではついていない装備がついていますので、

バイクを預けるにはバイク専用コンテナがおすすめです。

おすすめバイク専用コンテナ

バイク専用コンテナ選びは慎重にしたい所です。

いい加減な所を選んでしまうと、バイクが盗難されてしまったり、

傷んでしまいトラブルになりかねません。

大事な愛車を預けるのであれば、

信頼できるトランクルームでバイク専用コンテナを利用しましょう。

スペースプラス

バイク専用コンテナ物件が豊富

バイクコンテナ10年以上の運営実績

24時間利用可能

キャンペーン実施中

関連⇒スペースプラスはバイクガレージとしても利用可能!バイク専用物件もあり

ハローストレージ

管理物件数日本一

24時間出し入れ自由

キャンペーン実施中

関連⇒トランクルームハローストレージの特徴とは?契約前に確認しておきたい事

バイクを預ける前に必要な事

トランクルームでバイクを預ける際に気を付けてほしい事が有ります。

それは、借りる前にコンテナ自体に汚れや傷みが無いかまず確認しましょう。

あなたが、コンテナが必要なくなって返す時に発見したとしたら、

その傷やいたみはあなたの責任になってしまいます。

バイクはオイル汚れやタイヤ痕が残っている場合が有りますので、

必ず借りる前のチェックを忘れずにしましょう。

また、利用する際は床板を必ず利用しましょう。

先ほども書きましたが、オイル汚れやタイヤ痕がつきやすいです。

返す時には綺麗な状態に戻しておかなければ、修繕費が必要な場合があります。

必ず床板を利用して下さいね。